ショップ:KRIFF MAYER
ブランド:KRIFF MAYER
ショップ:KRIFF MAYER
ブランド:KRIFF MAYER

【ブランド直営】【送料無料】《WEB限定》パークウォーククルー スウェット メンズ レディース トレーナー 裏毛 撥水 アウトドア 秋 冬 春 プルオーバー カジュアル キャンプ パパ ママ ユニセックスKRIFF MAYERクリフメイヤー【2020FW】

        
















レディース:着用アイテム スカート



メンズ:着用アイテム シャツ パンツ
レディース:着用アイテム スカート





メンズ:着用アイテム パンツ





メンズ:着用アイテム パンツ





メンズ:着用アイテム パンツ





レディース:レディース:着用アイテム パンツ





レディース:着用アイテム スカート





レディース:着用アイテム スカート



















































商品説明

≫ユーティリティーさにこだわった、直営WEBショップだからこそできる逸品!≪

メンズ・レディース共通で着られる春カラーが仲間入りしました♪

一目見ただけでは分かりませんが、ポケットの中に手を入れると...
左右のポケット口まで一続きの、トンネルのような大きなポケットになっています!
中にはカラビナや、キーリングを引っ掛けておけるDカンや、
小物の収納に便利なミニポケットが配されており、スマートにお出掛け可能◎
リアルなライフスタイルに寄り添うディティールを兼ね備えたアイテムとなっております。
ややゆったりめの旬なサイジングと、着回しやすいシンプルなデザインで、幅広いスタイルに対応!

ざっくりとした表情をもち、カジュアルにもきれい目にも着られる、こだわりの生活撥水裏毛生地を使用しています。
小雨程度なら弾いてくれる撥水性は、防汚機能にもなるので、そちらも嬉しいポイント♪
秋?春までロングシーズン着用いただける、当店イチオシのクルースウェットです。

カラーは
ナチュラル(生成り色、オフホワイト、淡いベージュ)
グレー(灰色、ねずみ色)
ブラック(黒)、
ブラウン(茶色、キャメル)
ピンク(うすピンク、ももいろ)
レッド(赤、くすみレッド)
イエロー(マスタード、くすんだ黄色)
ライトグリーン(明るい緑色、ピスタチオ、ミント)
グリーン(くすんだ緑色)
マルチ配色A,Bの豊富な11色展開からお選びいただけます♪

こちらのアイテムは、メンズ、レディース共通で着ていただけます。
リンクコーデやシミラーコーデにもオススメです!

同じシリーズのプルパーカーはコチラ

※この商品はネット限定アイテムです。

素材
■中国製■
綿 80% ポリエステル 20%

サイズスペック(cm)
- 袖丈 胸囲 後着丈 肩幅
S 59.5 106 63 45
M 62 112 68 47
L 63.5 119 70 48
XL 64.5 124 70 50

≫サイズの測り方の詳細はこちら!≪

■女性スタッフ オオツカ サイズ着用感
150cm 元バレーボール部員だったので肩幅、下半身がしっかりしてます。。。

【S】
長袖Tシャツの上に着用しました。
ややゆったりとした着心地です。
丈はヒップが半分隠れるぐらいです。
レディースのMサイズのような着用感でした。

【M】
Sサイズより1回り大きく感じました。
ゆったりとした着心地です。
丈はヒップが丁度隠れるぐらいです。
レディースのLサイズのような着用感でした。

ゆったり&さっぱりとした着心地です。
見た目も着た感じも、ポケットを感じさせないシンプルさなのに、
実は、こだわりの生地とポケット仕様が凝っているところがイイですね◎

私でしたら、スカートやワイドボトムに合わせるならSサイズ、
スキニーと合わせる時や、トレンドっぽい着こなしをするならMサイズを選びます。
■男性スタッフ タナカ サイズ着用感
176cm 65kg やせ気味 スポーツ体型 肩幅広め
ウエスト76cm ヒップ92cm 太腿 52cm
【M】
ちょうど言いサイズ感です。
一般的なMサイズよりもルーズ過ぎない、程良いゆったりさがありました。
【L】
ややルーズ感が出ます。
ゆったりめに着るならこのサイズですね。

ややパリッとしたハリのある生地感で、ヘビロテで着まわせそうです。
個人的にはポケットの内側にDカンが付いているので、鍵を取り付けられるのが嬉しいですね。
普段のサイズをお選びいただければ、旬の程良いワイドシルエットでスタイリングできるかと思います!

シルエット
スリム スタンダード ややワイド
生地の厚さ
やや薄手 普通 やや厚手
透け感
なし ややあり あり
■洗濯表記 表記の見方について詳細はこちら!